吉沢明歩「演技のお仕事がしたくてAVの世界に入った」

パワハラ女社長 屈辱の輪姦陵辱 吉沢明歩

吉沢明歩(よしざわあきほ)まとめ

1:

高い演技力を活かしてVシネマやドラマにも出演するようになった吉沢明歩(34)が、Vシネマに出演する意義について語る。

Vシネマへの出演は「好きじゃないとできない仕事だな」って、すごく感じます。
スケジュールはものすごくタイトだし、正直ギャラも少ない。
私自身は本業であるAVで安定した収入がありますが、そうじゃなければ、やっぱり躊躇してしまうかもしれません。

私の場合はもともと演技のお仕事がしたくてAVの世界に入ったようなものなので、
どの作品の現場もすごく勉強になっています。
城定秀夫監督のように、エロだけじゃなく人情味を作品に織り込むような魅力的な監督さんも多いですし、極道の妻だったりヤンキーといった“素”の自分とはまったく違う役柄を演じるのも楽しいです。
演技に入る前の気持ちの作り方、スイッチの入れ方は、AVの撮影時にも活かされていると思います。

Vシネでの濡れ場シーンとAVでのそれは、私のなかではまったく別物です。
あくまで演技でセックスしているだけのVシネは、AVとは違う難しさがあります。
例えばイク瞬間は、よりわかりやすいお芝居で表現しなきゃいけないですし、セックスを最初から最後まで露骨に見せるわけじゃないからこそ、どういう体勢をとれば身体のラインがきれいに映るか、というところにも気を配らなきゃいけない。

Vシネの撮影では前貼りを付けますが、付けないことが普通である私からすると、前貼りがあることで気持ちが一歩引いてしまって、逆に恥ずかしいっていうのもあります(笑い)。

気心の知れた男優さんも多いAVでの濡れ場は、いわばプロ同士の“ガチンコ勝負”であるのに対して、Vシネの現場には「初めてHしたとき」のような緊張感や恥じらいがあります。相手役の役者さんも、必要以上に触らないようにとかすごく気をつかってくれるので、無意識のうちに「女」の部分が出てきちゃうような気がします。

そういう意味では、濡れ場のシーンに関しては実はAVよりVシネのほうが生々しいと思います。
自分とは正反対の役柄を演じる私と、女として“素”の私。
ひとつの作品で二度楽しんでもらえたら、うれしいですね。
http://www.news-postseven.com/archives/20180422_667203.html




4:
演技がしたいだけで
芝居がしたいわけじゃないんだな

6:
実際香港の映画に普通の女優として出てたよな

7:
AVにぶっちゃけ演技ってそんなにいらんよな

11:
>>7
ドラマ仕立てやとさすがにいるけど
ほとんどの作品ではいらんな

32:
>>11
めちゃくちゃ必要やぞ
まあ反応の演技だけやけど

8:
この人ど下手くそだよね

9:
Vシネはギャラ少ないってAUはそんなもらえるのか

13:
Vシネに出てくるAV女優の棒読み見ると一応そこら辺の女優ってちゃんとしてるんだなって思う



15:
古川いおりも演技が云々とか言ってたけど、AV見る上ではいらん情報よな

16:
アドリブで顔面をベロベロしてきた吉村卓を即共演NGにした女

19:
>>16
散々アナル舐めまわされた挙句「アナル汚いね」って言って共演NGになったのは誰やっけ

27:
しみけんもNGらしいし共演NGの男優多そうや

17:
ほんとに34なん?

18:
お世話になりました

24:
ずっと綺麗やしスタイルとか維持してるの凄いよな

28:
嬢王のぶりっ子キャラ好きやったよ

33:
昔はきらいだったけど最近はおばさんが無理してセックスしてる感じが出てて好き

転載元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524421012/
Pick Up!

吉沢明歩(よしざわあきほ)プロフィール

生年月日:1984年3月3日
星座:うお座
血液型:A
サイズ:T161cm B86cm(Eカップ) W58cm H86cm
出身地:東京都
趣味・特技:美術館めぐり、料理、テニス
ブログ:吉沢明歩ブログ あ!っきっ記
ツイッター:吉沢明歩(@akiho_net)

吉沢明歩サンプル動画

パワハラ女社長 屈辱の輪姦陵辱 吉沢明歩より

吉沢明歩最新動画

パワハラ女社長 屈辱の輪姦陵辱 吉沢明歩
パワハラ女社長 屈辱の輪姦陵辱 吉沢明歩

会社の女社長である吉沢明歩。ワンマン体制の社風の中、成功してきた手腕は業界屈指の功績であった。ある日、吉沢は仕事でミスをした社員を次々と解雇する。その中には同期でもあった松坂部長もいた。そのことが原因となり吉沢の過去を知っている松坂から逆恨みをされ社内でレイプされてしまう。そして普段から吉沢の会社の運営方法に疑問を抱いていた社員たちも次々と造反をするのであった…。